「スマブラDX」で勝利を目指す、全ての人へ。

【テクニック】崖掴まり無敵付加行動

やり方

崖を掴んで発生する無敵が無くなる前に崖を離して各種行動を行う

解説

 崖掴まりの直後に、崖掴まりモーション(多くのキャラは7F)を経て、その後31Fの間は、キャラが全身すりぬけ無敵になります。
 この無敵は、崖を離した後でも有効です。
 この仕様を利用し、崖掴まりから直ぐに崖を離してから行動をとると、全身が無敵状態のまま行えます。

崖絶空

 崖掴まりから直ぐに「崖離し→空中ジャンプ→ステージに向かって空中緊急回避(絶空)」、とすることで、無敵状態でステージ上に戻ることができます。
 空中ジャンプから空中緊急回避を入力するのが早すぎるとステージに乗る前に空中緊急回避がでてバーストしてしまいますし、遅すぎても無敵が残せなくなって無防備になってしまいます。
 操作ミスがそのままバーストに繋がる大きなリスクがある分、成功すれば全身を無敵状態にしたままでステージ上に復帰できるので強力です。

 最大でどれほど無敵を残せるか・そもそも無敵が残せないのかは、そのキャラの性能(崖を離した瞬間の高さ・空中ジャンプの上昇速度や移動距離・身体のオブジェクト判定の大きさ)によって異なります。
 空中ジャンプの縦の移動速度が重要です。

崖離し→空中ジャンプ後は「絶空」でない方が無敵を残せる場合

 空中ジャンプの低いstockicon_ganonのようなキャラは、空中緊急回避をしなくても空中ジャンプでぴったり着地することができる(しかもその時の着地隙は1F)ので、こういったキャラは空中緊急回避をする必要がありません。

 また、一部のキャラの一部の空中攻撃は、そのモーションによってキャラの存在判定が下にブレるものがあり、これを利用した着地(隙はほとんどのキャラは4F)をするをした方が無敵が残るキャラもいます(例:サムスの空中上A)。

無敵付加攻撃

 空中ジャンプ→空中攻撃を行うことによって、全身が無敵状態のまま空中攻撃を行うことができます。

 特に復帰阻止で役立ち、相手の復帰技のタイミングに合わせ、直前に崖を掴んで無敵を付けておき、復帰技で近づいてきた相手に空中攻撃を当てます。
 相手の攻撃判定が自分に触れていても、自分は無敵なので一方的に勝つことができます。

 また、崖掴まりからステージに戻るときの選択肢の一つとして、無敵状態で空中攻撃を出しながら戻る方法があります。
 攻撃判定の発生が保障されるのが強みで、無敵の最中に攻撃を当てさえすれば相手を仰け反らせることができます。
 一方で、読まれてかわされた後に着地前に相手の攻撃を食らった場合には、空中ジャンプを消費した状態で場外に出されてしまう為、非常にリスキーです。

対戦攻略指南

記事の内容に関して質問や感想があればどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

対戦攻略指南

  • twitter
Copyright © スマブラDX 対戦攻略指南 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.