「スマブラDX」で勝利を目指す、全ての人へ。

【システム仕様詳細】ベクトル変更 [DI]

*DI = Directional Influence

di

解説

 スマブラDXの最重要システムの一つです。
 このシステムを有効活用できるかどうかで、レベルに大きく差がでます。

 技の部位やタイミング毎に、ヒット後相手がどの方角に吹っ飛ぶかという「ベクトル」というデータが設定されています。
 スマブラDXでは、ふっとび始める(ヒットストップの最後のフレーム)までにスティックを倒しておくことで、ふっとび方向を設定角度から最大 18° 影響を与えることができます。

※よく「(ヒットストップ)ずらし」と言葉を混同して誤用するのを見かけますが、「ベクトル変更」と「(ヒットストップ)ずらし」とは全く別のシステムです。

・ベクトル変更の角度計算式(0≦入力角度≦90°、または270°≦入力角度≦360°の場合)
 設定角度 – ( 18 * sin((設定角度 – 入力角度) * PI / 180)^2 ) = 実際に吹っ飛ぶ角度

・ベクトル変更の角度計算式(入力角度が90°<入力角度<270°の場合)
 設定角度 + ( 18 * sin((設定角度 – 入力角度) * PI / 180)^2 ) = 実際に吹っ飛ぶ角度

 要するに「その攻撃判定の設定角度」に対して90°の方向にスティックを倒したときが最もベクトル変更が掛かります。
 なお、当サイトでの「角度」とは、攻撃側よりも右にいる相手に技を当てた場合で、かつ水平方向の真右を 0° とします。

対戦攻略指南

記事の内容に関して質問や感想があればどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

対戦攻略指南

  • twitter
Copyright © スマブラDX 対戦攻略指南 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.