目次

  1. 注意
  2. 必要な物のダウンロード
  3. wiiの改造
  4. 環境設定
  5. 20XXのデータ作成
  6. 20XXの起動
  7. フォーマットについて
  8. 解凍について

1.注意

  • 20XX(HTP)をUSBメモリ、またはSDカードから起動する事を目標とする
  • SDカードから起動する場合は DIOSMIOS_2.11.wad を DIOSMIOSLite_2.11.wad に読み替えて進める
  • SDカードは必須、USBメモリやSDカードの容量は最小限に抑えれば1.4GBで済むので最低2GB以上あれば良い(動作は保障出来ない)
  • 使うUSBメモリやSDカードはFAT32形式でフォーマットしておく(項目7で解説)
  • USBメモリはwiiを立てて置いた時背面を見て右側になるように差し込む
  • USBメモリやSDカードはwiiと相性が悪いことがあるので上手くいかないときはUSBメモリやSDカードを変えてみる
  • 記述ミスと思われる場所、改良出来ると思われる場所、分からない事などがありましたらコメントかtwitter(@tamusoufalco)でメッセージをください

2.必要な物のダウンロード

    Root Files
    USBLoaderGX
    DIOSMIOS_2.11(USBメモリから起動する場合)
    DIOSMIOSLite_2.11(SDカードから起動する場合)
    これらを分かり易い場所に保存(名前を付けて保存を選択する事によって好きな場所に保存出来る)し、適宜解凍しておく(項目8にて解凍について解説)

3.wiiの改造

    ここの4(cIOSの導入)まで進める

4.環境設定

    (1)SDカードに2でダウンロードしたDIOSMIOSを
    SD:/WAD/DIOSMIOS_2.11.wad
    となるように配置する
    (2)wiiにSDカードを挿入して起動し、
    theHomebrewChannel(今後HBCとする) -> wiimod -> WADマネージャー -> DIOSMIOS_2.11.wad
    とし、DIOSMIOS_2.11.wadをインストールする
    (3)SDカードに2でダウンロードしたフォルダusbloader_gxを
    SD:/apps/usbloader_gx
    となるように配置する

5.20XXのデータの作成

    (1)2でダウンロードしたRoot Filesの中にあるgcr_v1.0.exeを実行
    (2)Root -> open で同じディレクトリにあるrootフォルダを選択
    (3)Root -> save し、Root -> rebuild で20XXのisoファイルを作成する

6.20XXの起動

    (1)5で作られたisoファイルを
    USB:/games/20XX/game.iso(USBメモリから起動する場合)
    SD:/games/20XX/game.iso(SDカードから起動する場合)
    となるように配置する
    (5で作った20XXのisoファイルは必ずgame.isoという名前にしておく)
    (2)SDカードとUSBから起動する場合はUSBメモリもwiiに差し込んでHBCからUSBLoader GXを起動して20XXが起動出来る事を確認する

7.フォーマットについて

    !!!注意!!!
    フォーマットするとそのUSBメモリ内のデータが全て消えます
    他のデバイスをフォーマットしないよう最大の注意を払ってください
    フォーマットするUSBメモリに必要なデータがある場合は他のデバイスに移動した後してください
    (1)画像の位置で(フォーマットするUSBメモリの上で)右クリックし、フォーマットを選択
    format1
    (2)画像のように設定し、開始する(ボリュームラベルは好きな名前を付けてください)
    format2

8.解凍について

    ダウンロードした段階で、Root Filesはzip形式なのでデフォルトのwindowsでも右クリックから展開する事で解凍できるが、USBLoaderは7z形式、DIOSMIOS_2.11はrar形式なので解凍できるソフトをインストールする必要がある
    (1)7-zipを開き、ダウンロードをクリック(ビットについては下で解説)、7z1604-x64.exeを実行することで7-zipをインストール
    (2)USBLoaderGX.7zやDIOSMIOS_2.11.rarの上で右クリック -> 7-zip -> 展開
    というように解凍出来るようになる
    今後は展開して作られたフォルダやファイルを指定の場所に配置することになります
    画像の位置で右クリックしてプロパティを開き、システム欄のシステムの種類を見るとお使いのwiondowsが何ビットかが確認出来る
    bit確認